ゴールドカード

磁気ストライプカードではクレジットカード決済時には明細書のサインで本人確認を行なっているって本当?

クレジットカードを使うと、現金を持っていなくても買い物をすることができて便利です。
現金を持ち歩くということは、かなりリスクの高い行為なのです。
一方でクレジットカードであれば、それを利用することによって、現金を使わなくても気軽に買い物をすることができるようになります。

ポイントも貯めることができるので、色々な点においてお得になります。
したがって、最近はクレジットカードにより買い物をする方が増えているようです。
このような状況は既に一般的になっているといっても良いでしょう。

それでは、クレジットカードを利用する時には本人確認は行われないのでしょうか。
本人確認を行わないと、もしそれを盗まれてしまった時に、他人に不正に使われてしまうことになります。
したがって、本人確認は絶対に行われることになります。

その時には磁気ストライプカードを利用している場合は、領収書にサインをすることになります。
それによって、そのクレジットカードはあなたのものであるという証明をすることにもなるのです。
クレジットカードの中にはICカードもあります。
その場合は本人確認の方法が磁気ストライプの場合とは異なっています。

どちらの方が古いかといえば、磁気ストライプタイプのカードのほうが古いです。
また、カードリーダーにも新しいものと古いものがあり、未だにICカードに対応していないカードリーダーを用いている場合もありまし。
どちらのタイプのカードであっても、カードとしての機能は変わらないので、安心して利用することができます。
本人確認の時にサインをするというのはかなり面倒な行為となるでしょう。

しかし、本人確認をしないリスクを考えてみることによって、本人確認をすることも仕方のないことだと納得をすることができると思います。
本人確認はきちんとするようにしましょう。
それによって、あなたは自分のクレジットカードを利用していると証明することになるのです。
サインをすることは大切です。

このページの先頭へ