ゴールドカード

ICカード対応のクレジットカードでは4桁の暗証番号で入力することで本人確認しているって本当?

クレジットカードを使っている方はかなり多いです。
買い物をする時にクレジットカードを使わないということは、今では考えられなくなっています。
それだけ、一般的なものであり、多くの人が利用するようになったクレジットカードですが、どのようにして本人確認をしているのか気になる方がいるのではないでしょうか。

本人確認をすることによって、たとえば盗難にあった時などでも、安心することができます。
もし盗難などの被害に遭われた場合の対応策はhttp://www.budgetinncha.com/abuse.htmlに載っています。
本人以外の方がクレジットカードを利用することができるなんて状況がもしあるならば、とても怖いことです。
それでは、クレジットカードはどのようにして本人確認を行なっているのでしょうか。

クレジットカードには2種類があります。
その中でも、ICカード対応のクレジットカードは新しいです。
ICチップがカードに含まれているのです。
これによって、カードに情報が記録されています。

このタイプのクレジットカードの場合は本人確認をする時には、暗証番号を入力することになります。
それによって、本人確認をすることになります。
したがって、非常に安心することができるというわけなのです。
しかし、ICカード対応のクレジットカードの場合は、それに対応しているカードリーダーがないと意味がないです。

もし、カードリーダーがICカードに対応していないのであれば、磁気ストライプタイプのカードリーダーの時のようにサインをする必要があります
しかし、今は段々ICカード対応のクレジットカードのためのカードリーダーをお店に置いていることが増えているようなので安心をすることができます。
暗証番号を設定することができるので、クレジットカードを盗まれたとしても、以前よりも不正に使われることが少なくなったといえるでしょう。

これによって、安心してクレジットカードを持つことができるようになりました。
クレジットカードを盗難されないように気を付けるようにしましょう。
そうすることによって、安心することができます。

このページの先頭へ