ゴールドカード

クレジットカード決済のとき、カードリーダーに通すと自動的に利用者の信頼がチェックされているって本当?

クレジットカードを利用する時には、ただカードを渡して、それによって、買い物をすることができると考えている方は多いと思います。
その時に何かチェックをしていたり、確認を取っているようなことがあるとは想像したこともないという方が多いでしょう。
しかし、実際にはクレジットカードで決済をする時にカードリーダーに通す時には、自動的にあなたの信頼情報が照会されているのです。

それによって、あなたにクレジットカードを使わせても良いのかどうかを判断することになります。
たとえば、クレジットカードを使っている方の全てがきちんとお金を支払っているとは限りません。
代金の支払いを滞納している方も存在しているのです。
その場合には、信頼情報が照会された時に、あなたはそのクレジットカードを使用することができなくなってしまいますので、気を付けましょう。

本当に信頼されている人間だけがクレジットカードを使うことができるようになっているのです。
そのことは覚えておいて下さい。
もしも、偽造したクレジットカードを使おうとしている方がいたり、盗難されているはずのクレジットカードを使用しようとしている方がいたとしてもカードリーダを通す時にそのことが照会されることになるので、すぐにバレてしまうのです。

クレジットカードを適切な方法で使ってもらうために、情報を照会するようなシステムが用意されています。
そのことは覚えておいて下さい。
情報を照会することがあるおかげで、大部分のクレジットカード使用者は安全にクレジットカードを利用することができるのです。

クレジットカードを利用する前に、自分の持っているクレジットカードに問題がないのか、また、預金残高がきちんと残っているのかを確認しておくようにしましょう。
そうしないと、クレジットカードを使うことができなくなっている場合があります。
また、自分が本当に信頼されているのかを考えてみましょう。
信頼されていないとクレジットカードは使えません。
http://www.richardnickelcommittee.org/notes.htmlにもカードを持つ前に知っておいてもらいたい注意事項や人気ランキングがあります。是非ご覧ください。

このページの先頭へ